正直に言います。CAFE DEL CANDYのパエーリャは2001年の開店以来、味を変え続けています!

毎年通い続け、現地の味を再現しできる限りスペインの味に近づけるためです。

 

変わらないために変わり続ける!

それがCAFE DEL CANDYのパエーリャです。

 

「CAFE DEL CANDYでは・・・?」

お米の話からはじめましょう。

よく、パエリアのお米ってタイ米でしょ? って言われますが・・・

申し訳ございません・・・違います!

スペインのお米の多くは、小粒で丸く、スープをよく吸うが粘りが少ないのが特徴。どちらかというと日本の米に近い『ジャポニカ米』

これを日本で手に入れるの至難の業(なんといっても輸入時の関税が、341円/1kg=778%!?

そこで私たちは、パエーリャに使用するお米についてあらゆる実験の結果に達し、特定の日本米を使用しています(ココは企業秘密)

 

黄色いご飯でしょ?

うーーん。まっ黄色のパエリアってのは、私からすると・・・??」 ですねぇ。

もちろん、上質のサフランを使用することは大前提として。

色は茶色に近い『濃い黄色』。それは、ダシのエキスの色。具材からちゃんと味を引き出すことで、真っ黄色ではなく、自然な濃い色合いになるのです。

 

「スペインで食べたのはパラパラだった・・」

 

スミマセン・・・それはおそらくレトルトもしくは観光客向けレストランでは・・・。

CAFE DEL CANDYでは、芯は少しだけ残しますがどちらかというとやわらかめで仕上げています。そして底のお米ひとつぶんだけ、おこげを作るんです。

理由は、それが私がスペインの各地で食べたきた数々のパエーリャを統計的にまとめ出した結果だからです。

 

さらに、スペインには様々な米料理が存在し、もっとウェットに仕上げる(アロス・カルドソ、メロッソ)や、汁だくのアロス・マリネーラ、さらにはサフランを使わない白いパエーリャなども存在しています。(お米料理のレシピは500以上とも言われています)

 

もちろんCAFE DEL CANDYでも、今紹介したような様々なお米料理がを楽しむことができますよ。